センチュリー21住まい&スマイル注目キーワード

東日本大震災後のお住まい探し。

 


 

 2011年3月11日東日本大震災で

多くの方々が被災されました。

住宅も同じように被害に遭った方が

沢山いらっしゃると思います。

震災後から変化した住宅に対する意識とは?


 

▼6割りも!?

全国宅地建物取引業協会連合会などが行ったアンケート調査によると、東日本大震災後は住まいに関して「築年数や構造」を考えるようになったと答えた人が6割を超えたとの結果が出たそうです。

次いで「地盤」や「緊急避難場所」を意識する人も多く、防災対策への関心の高まりがうかがえます。

いくら良い住宅に住んでいても「基礎」「地盤」がきちんとした物でないと心の底から安心できません。

何事も「基本」が大事という事ですね。


 

▼交通利便性!?

住宅を購入する際のポイントについては、最も多かったのは「交通の利便性が良い」で、「不動産の価格」「周辺・生活環境が良い」の順になりつつあります。

ここ数年はトップ3の変化はないものの、交通利便性が価格を初めて上回ったのです。

高齢化や地価の下落に加え、震災で帰宅難民が発生したこともあり、交通利便性が見直されたようです。

震災の影響によって、住まい選びにも変化が見られてきています。

 


 

 

 


 

 
 

 


 

 

▼中古物件は大丈夫なの!?

「耐震性については、1981年に耐震基準の大きな見直しがありました。

なので1981年以前の建物か、それ以降の建物かで耐震性能が大きく異なります。

1981年の新耐震基準で建てられた物件であれば、大きな地震が来ても倒壊のリスクは低くなってきます。
注意したいのが、1981年の物件なら、なんでも安心かというとそうではないことです。

建築基準法は6月1日に改正されました。なので、その後の審査をクリアされてる事が条件です。1981年の物件であれば何月に建ったのかもチェックする事をお忘れなく!!


 


 

▼マンション住まい。震災時には!?

まず、マンションには次の3点のリスクが考えられます。

 
1)避難が難しい
高齢者などの避難弱者や上層階住人の避難が大変であるだけでなく、避難経路に人が集中することで混乱が生じる可能性がある。

 
2)ライフラインが弱い
ひとつのライフラインが断たれると、ほかのライフラインも機能しないなどの関連性が強く、復旧に時間がかかる。

 
3)管理会社に頼れない場合がある
管理会社も被災当事者になるだけでなく、決められた委託業務範囲でしかサポートしてもらえないので、災害後は自分たちで対応しなければならない範囲が意外に広い。

マンションは耐震性には優れていますが、デメリットも沢山あります。

 ですが、しっかりと日頃からの対策・訓練でいざという時にも良い対応が出来ます。

 

 

私たちにお任せ下さい!!

 

  

 

トピックス TOPCIS

2020年01月21日更新

5,981

住まい&スマイルマイページ

現在の会員限定物件数:5042

無料マイページのご登録はこちらから
すでに会員のお客様はこちら
メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れの方はこちらから

会社情報 当社のご紹介です!
センチュリー21
住まい&スマイル

〒121-0823

東京都足立区伊興1丁目24番25号 住まい&スマイルビル

TEL
0120-326-021
FAX
03-5838-0051
営業時間
9:30~20:00
定休日
毎週水曜日
会社情報を見る
住まい&スマイル本店
  • 検討中
  • 問い合わせ済み
  • 閲覧履歴
会員登録はこちらから

会員でない方がこちらにストックした情報は、ブラウザを閉じた際に全て消えてしまいます。無料会員登録していただくと、ストックした情報を一定期間保持することが可能になります。

「検討中に追加」をすると、こちらに物件情報が追加されます。お問い合せ前の比較検討等にご活用ください。

「お問い合わせ」をすると、こちらに物件情報が追加されます。お問い合せ後の確認等にご活用ください。

詳細情報を閲覧した物件が順番に表示されます。物件をもう一度見たい場合等にご活用ください。

このページの先頭へ戻る